TOP > 沿革

1991年8月TISI(香港)設立(TIS株式会社:100%出資)

1997年7月宏図財務軟件(上海)有限公司(現HONTEC上海)設立(TIS:33%出資)

2002年6月広州駐在員事務所開設

2003年6月TISI(Shanghai)設立(TIS:100%出資)

               日本市場向けオフショア開発拠点として、DGTインフォメーションシステムズ設立

2004年3月中国でのSAP R/3導入サービス開始

2005年1月TISI(香港)のTISI(Shanghai)への統合を発表(経営資源を集中)

2005年3月エスイーラボ社(現NEOAXIS)と中国でのiSeries基幹業務ソリューション提供開始

2006年4月中国でのセキュリティソリューション提供開始

2007年5月高律科(上海)信息系統有限公司(クオリカ上海)設立

2007年10月北京駐在員事務所開設

2008年3月中国・天津海泰控股集団と天津に合弁会社を設立

2010年4月天津データセンター開業

2011年4月TIS、ソラン、UFITの3社合併により新TIS誕生。

               グローバル事業本部を設置し、各現地法人共同での事業運営を開始。

2011年4月上海浦東地区にヘルプデスクセンター設立

2012年1月金融事業部設立、金融機関向けのサービス提供開始