TOP > 導入事例 > 柯尼卡美能達(中国)投資有限公司

企業情報柯尼卡美能達(中国)投資有限公司
拠点大連、北京、上海、無錫、アモイ、東莞、深セン、香港、計15拠点
目的①各拠点が守るべき共通の標準セキュリティ基準を整備するための現状把握
②現状のセキュリティ課題の把握と改善計画の立案
 
1

実施内容

事前チェックシートの記入により、情報セキュリティ基準、ルール、環境を正しく把握した上で、規約・ルールの不備や不足、実際の情報漏洩リスクを評価

現場でのオンサイト確認により、実際の運用状況、過去に発生したセキュリティインシデント対応状況、対応能力、体制なども同時に評価

外部からツールを使用して公開サーバに内在する既知の脆弱性を洗い出す

1

現場でのオンサイト確認により、現状を的確に反映した診断報告を提供

即時現場で報告を実施することで、タイムリーな全体状況の把握と問題点に関する診断者への確認が可能

現場で認識できていないリスクポイントを発見可能

多拠点に対する第三者による客観的かつ統一基準での診断が可能